功績賞

功績賞

受賞者 所属 対象
1977年 第1回 竹中 治夫 富士写真フイルム(株)  静電気の研究、応用技術・障災害防止の発展への貢献
1977年 第1回 橋本 清隆 自宅  静電気の研究、応用技術・障災害防止の発展への貢献
1977年 第1回 荒川 信夫 日本電設(株)  静電気の研究、応用技術・障災害防止の発展への貢献
1977年 第1回 三好 保憲 大同工業大学  静電気の研究、応用技術・障災害防止の発展への貢献
1977年 第1回 上月 三郎 産業安全技術協会  静電気の研究、応用技術・障災害防止の発展への貢献
1977年 第1回 清水 暢 入間川ゴム(株)  静電気の研究、応用技術・障災害防止の発展への貢献
1978年 第2回 錦田 知純 住友化学工業(株) 専務取締役 化学工場における静電気安全の解明
1978年 第2回 橘高 重義 東京理科大学 教授 学術技術の進歩発展ならびに後継者育成
1978年 第2回 石山 舎人 石山製作所(株)  鉱山保安に関する静電気災害事例の調査
1979年 第3回 深田 栄一 理化学研究所  ポリマーエレクトレットの基礎研究ならびに生体への応用
1979年 第3回 高松 俊昭 理化学研究所  ポリマーエレクトレットの基礎研究ならびに生体への応用
1979年 第3回 A. W. Bright サザンプトン大学  静電気基礎・応用に対する貢献
1980年 第4回 伊藤 正一 愛知工業大学 教授 流動帯電現象の解明と静電気研究促進への貢献
1980年 第4回 古沢 義夫 中部電力(株)  電気集塵における槌打再飛散防止技術の開発
1980年 第4回 久保 幸雄 中部電力(株)  電気集塵における槌打再飛散防止技術の開発
1980年 第4回 水野 勝治 中部電力(株)  電気集塵における槌打再飛散防止技術の開発
1980年 第4回 鳥屋尾 守 中部電力(株)  電気集塵における槌打再飛散防止技術の開発
1980年 第4回 佐藤 正次郎 中部電力(株)  電気集塵における槌打再飛散防止技術の開発
1980年 第4回 佐熊 純一 石川島播磨重工業(株)  電気集塵における槌打再飛散防止技術の開発
1980年 第4回 渋谷 章 石川島播磨重工業(株)  電気集塵における槌打再飛散防止技術の開発
1980年 第4回 佐鳥 英雄 石川島播磨重工業(株)  電気集塵における槌打再飛散防止技術の開発
1980年 第4回 高木 徳士 石川島播磨重工業(株)  電気集塵における槌打再飛散防止技術の開発
1980年 第4回 山本 精一郎 石川島播磨重工業(株)  電気集塵における槌打再飛散防止技術の開発
1980年 第4回 川池 一夫 日立プラント建設(株) 技師長 回転電極式電気集じん装置の実用化
1980年 第4回 (会社) 古河鉱業(株)機械本部小山工場  都市ゴミ焼却炉用電気集じん装置のバッチシステム化
1980年 第4回 渡辺 金之助 三協電業(株) 社長 ボクサーチャージャーを用いたオンライン・ダストモニタの開発と実用化
1980年 第4回 坂本 浩 冨士産業(株)粉体機械部 課長 流動乾燥機用集じん機にかかわる安全対策の確立
1981年 第5回 赤崎 正則 九州大学 教授 非線形静電気現象の解明と後継者の育成
1982年 第6回 御所 康七 徳島大学工学部 教授 針電極電界測定法の研究とその普及
1982年 第6回 石黒 美種 徳島大学 名誉教授 石黒効果発見等に関する放電研究
1982年 第6回 牛田 富之 徳島大学工学部 教授 石黒効果発見等に関する放電研究
1982年 第6回 生田 信皓 徳島大学工業短期大学部 教授 石黒効果発見等に関する放電研究
1982年 第6回 近藤 敬一 阿南工業高等専門学校 助教授 石黒効果発見等に関する放電研究
1982年 第6回 H. J. White ポートランド大学 名誉教授 電気集じん装置の基本体系の確立とその指導性
1983年 第7回 篠原 功 早稲田大学理工学部 教授 高分子の静電気現象に関する多面的研究
1983年 第7回 大滝 善太郎 上智大学理工学部 教授 静電気現象の解明と障災害防止に関する研究
1983年 第7回 渡辺 彰 慶応義塾大学理工学部 教授 液体の静電気現象に関する研究
1983年 第7回 中村 康宣 東京都立工業技術センター 光音部長 静電気障災害に関する研究と学識普及
1984年 第8回 葛西 昭成 東京理科大学理学部 教授 静電気の基礎理論の研究と静電気学識の普及
1984年 第8回 田畠 泰幸 労働省産業安全研究所 主任研究官 静電気障災害に関する研究と障災害防止技術の発展における貢献
1984年 第8回 宇麼谷 教成 東亜燃料工業(株)技術部  静電気災害防止対策の確立と防爆電気設備の充実
1985年 第9回 立花 直治 三菱重工業(株)神戸造船所  電気集塵装置の設計・施行・保守技術の向上
1985年 第9回 能祖 茂幸 住友重機械工業(株)プラント本部  電気集塵装置の性能向上に関する技術開発
1985年 第9回 大野 長太郎 日立プラント建設(株)  集塵性能とダスト抵抗の関係究明
1985年 第9回 和田 八三久 山形大学工学部 学部長 誘電体工学に関する指導的活動
1985年 第9回 小田 哲治 東京大学工学部  静電気工学に関する指導的活動
1985年 第9回 森田 豊 東京商船大学 名誉教授 タンカー防災と静電気対策の進歩向上
1986年 第10回 井関 昇 東京電機大学 
1986年 第10回 家田 正之 名古屋大学 
1986年 第10回 上田 實 豊田工科大学 
1986年 第10回 川崎 正士 自治省消防庁消防研究所 
1986年 第10回 宅間 董 電力中央研究所 
1986年 第10回 長坂 秀雄 茨城大学 
1986年 第10回 萩原 隆一 警察庁科学警察研究所 
1987年 第11回 足立 宜良 大分大学 
1987年 第11回 Edmund C.Potter Coal Combution Process 
1987年 第11回 白 希堯 中国静電技研院 
1987年 第11回 竹内 学 茨城大学 
1988年 第12回 瀧澤 三郎 日本綿業技術・経済研 
1988年 第12回 堀川 明 大阪大学 名誉教授
1988年 第12回 能登 文敏 八戸工業大学 
1988年 第12回 原 雅則 九州大学 名誉教授
1989年 第13回 野口 雪雄 コルコート(株) 
1990年 第14回 小口 寿彦 (株)東芝 
1990年 第14回 児玉 勉 労働省産業安全研究所 
1990年 第14回 増井 典明 東京理科大学 
1991年 第15回 浅野 和俊 山形大学 
1991年 第15回 池﨑 和男 慶応義塾大学 
1991年 第15回 藤林 宏一 東京農工大学 
1991年 第15回 村田 雄司 東京理科大学 
1992年 第16回 大橋 朝夫 愛知工業大学  全国大会開催に関する学会への多大な貢献
1992年 第16回 J. S. Chang McMaster University (Canada) 
1992年 第16回 松井 満 東京農工大学 
1992年 第16回 吉村 昇 秋田大学 
1993年 第17回 G. S. P. Castle University of Western Ontario (Canada)  静電気に関する理論的、並びに実験的研究、および静電気工学における指導的役割
1994年 第18回 伊達 宗宏 理化学研究所  強誘電性高分子の電気特性とその応用
1994年 第18回 小野 雅司 東京都中小企業振興センター  静電気災害防止対策を通しての産業界への貢献
1994年 第18回 小林 繁雄 東京農工大学工学部情報工学科  電気絶縁信頼性向上の研究
1995年 第19回 多田 泰芳 群馬工業高等専門学校  全国大会開催に関する学会への多大な貢献
1996年 第20回 増田 弘昭 京都大学  粉体静電気問題の解決
1996年 第20回 Joseph M. Crowley University of Illinois,Electrostatic Applications (USA) 名誉教授 (University of Illinois) 米国静電気学会会長として、静電気学術の国際的発展に寄与
1997年 第21回 高橋 通 キャノン(株)  電子写真技術の発展・普及
1997年 第21回 水野 彰 豊橋技術科学大学工学部  静電気応用光学の基盤構築および研究者・技術者の育成
1997年 第21回 松原 美之 自治省消防庁消防研究所  静電気を原因とする火災の防止技術に関わる業績および静電気災害・障害分野の学術発展
1997年 第21回 松本 陽一 (株)朝日工業社  静電界応用技術の開発・実用化
1997年 第21回 荷福 正治 通産省工業技術院資源環境技術総合研究所  静電気を原因とする爆発火災の低減
1998年 第22回 佐藤 孝 北海道工業大学  液滴微粒子の流動帯電・帯電量測定に関する研究および静電気学会の事業活動への貢献
1998年 第22回 大原 啓司 信州大学  高分子フィルムの帯電機構解明への貢献
1998年 第22回 青山 道夫 西日本工業大学  帯電粒子の静電界中での挙動解析とその応用に関する研究
1999年 第23回 飯島 歩 福井工業大学  静電気現象を利用した環境改善技術の開発および静電気学会の発展への寄与
1999年 第23回 佐藤 正之 群馬大学  液体中の静電気現象の研究および静電気学会の活動への貢献
2000年 第24回 Thomas B. Jones Rochester University (USA)  粒子の帯電、帯電粒子の挙動解析における成果、静電気工学の普及への貢献
2000年 第24回 藤原 幸男 工学院大学環境化学工学科  静電気学会の活性化と静電気知識の普及への貢献
2001年 第25回 下川 博文 神奈川工科大学  絶縁液体の電気伝導・水の接触帯電に関する研究および静電気学会の発展への寄与
2001年 第25回 渡辺 茂男 愛知工業大学  液体の静電気現象の研究および静電気学会の活動への寄与
2002年 第26回 東山 禎夫 山形大学  イオン風速計の開発・空間電荷からの放電現象の解明等静電気工学の発展への多大な貢献および学会活動への寄与
2002年 第26回 中島 耀二 北海道大学  液滴微粒子の半径および帯電量の測定・空気中の帯電球形粒子が保持できる最大電荷量の推算等静電気工学の発展への貢献および静電気学会の活動への寄与
2004年 第28回 山本 俊昭 大阪府立大学  非平衡プラズマを用いた各種環境改善および固体材料の表面処理技術などの開発に関する研究、海外における様々な活動を通じ当該技術の世界的普及に尽力
2005年 第29回 藤江 明雄 ㈱カイジョー  電子デバイスのESD対策技術の先駆者としての業績、学会・委員会における様々な活動を通じて電子デバイスのESD対策の普及啓蒙に努め、静電気分野の発展に貢献
2006年 第30回 中根 偕夫 日本大学  静電気応用分野に超音波技術を組み込むことを目的として活躍し、放電現象への音場の影響を詳細に解明した
2006年 第30回 大久保 利一 大分大学  プラズマを応用した環境改善、新素材の開発技術に関する功績
2007年 第31回 関井 康雄  
2008年 第32回 三坂俊明 ㈱日立プラントテクノロジー 
2008年 第32回 藤島英勝  
2009年 第33回 岡野 一雄 職業能力開発総合大学校 
2009年 第33回 山野 芳昭 千葉大学 
2010年 第34回 大澤敦 安衛研 
2011年 第35回 萩本 安昭 科学警察研究所法科学第二部  静電気障災害分野 特に静電気が疑われる火災爆発事故の原因調査及びその関連研究分野の技術進歩に寄与された業績
2011年 第35回 村﨑 憲雄   学会創設に参画 第二代会長 静電気測定技術 静電気障害の研究
2012年 第36回 松山達 創価大学 
2013年 第37回全国大会 浦島邦子 文部科学省 科学技術・学術政策研究所  静電気学会誌「海外研究室めぐり」の企画、編集に対する貢献
2014年 第38回全国大会 西村亮 鳥取大学 
2015年 第39回全国大会 寺重隆視 広島国際大学  全国大会開催に関する学会への多大な貢献
2016年 第40回全国大会 田村 裕之 消防研究センター  険物施設等の静電気対策分野において活躍され 特に静電気放電による着火原因の究明と予防対策
2016年 第40回全国大会 杤久保 文嘉 首都大学東京  非平衡大気圧プラズマのシミュレーションおよび関連研究分野の学術の進展
2017年 第41回全国大会 大嶋孝之 群馬大学  2014–15 年学会誌編集委員長,学会運営に対する貢献と第 40 回静電気学会全国大会実行に対 する貢献
2018年 第42回全国大会 小野亮 東京大学  学会誌編集委員長,学会運営・会計に対する貢献
top